前へ
次へ

子どもの教育のための資金としては

子供の教育のために色々と計画を立てているという人はたくさんいますし、それこそ結婚した段階で子供の教育資金などを貯めようとしている人というのも多いです。
そのくらいの計画性があった方が良いというのは間違いないことになりますので実に素晴らしいことではあるのですが、実際問題としてどのくらいのお金が教育にはかかるのかということが難しいことになります。
例えばそもそも塾などに通わせるのかということもありますし習い事はどの程度行わせるのかということもあります。
学校が私立なのか公立なのか、ということによってもだいぶ違ってくることになるでしょう。
ヘタをすると数千万円単位で違うということもあったりするので将来子供が何になろうとしているのかということもかなり重要な要素になります。
極端な話、医学部の私立なんてことになりますと2000万円ぐらいは平気でかかることになりますのでそれだけでもだいぶ違ってきます。
ですからはっきり言って教育のための資金というのは予想がつくというものではないのでかなり余裕を持って貯蓄しておくことにしましょう。

Page Top