前へ
次へ

教育の上手い下手というのはあるのか

勉強の得手不得手というのはあると思いますが、教育に上手下手というのはあるのかとふと疑問になる事もあります。
これはどちらかと言うと社会に出てから後輩の教育をするという機会に当たると感じる事が出てきたりします。
さらりと上手く教える事ができる人もいれば、思ったように指導することができずにお互い四苦八苦してしまうというわけです。
まだまだお互いの理解も深まっていない段階だと、どうしてもぎくしゃくしたりしますし、ちょっとした相性というのもありますから、意思疎通が上手くいかずに教えるのが上手くいかないというようになってくるのです。
これは教える側だけが悪いわけではなく、教わる側についても見直しておかなくてはいけない部分もありますから、やはり多少の上手下手の要素は考えておいた方が後々の対応もしやすいような気がします。
頭ごなしに決め付けたりするのではなく、お互いの理解度なども確認しながら少しずつ教育を進めましょう。

Page Top