前へ
次へ

学ぶ環境を選ばずに生涯学習できる

教育だより、子供がいる家庭ならば、一度なり目を通したこともあるでしょう。
学校をより良くするため、子供たちの明るい未来のために、様々な取り組みを紹介しています。
家庭教育では、ママやパパが手本となり、先生役となります。
子供が目指す人間像はママやパパが指し示すものです。
また、家庭から地域教育へと目を向ければ、連携となる総掛かりでのサポートを行います。
魅力や誇れるモノがある学校、なかには、私立学校づくりを支援することもあるようです。
個性が光る、加えて、地域に根ざした大学づくりも必要でしょう。
それこそが、家庭と地域、学校が連携する大きな意味になり得るでしょう。
もちろん、地域民にとっても、生涯を通して学ぶことを諦めないでほしい、こうした声も上げなければなりません。
生き甲斐なくして、高齢化社会の問題に太刀打ちすることは難しいのではないでしょうか。
社会教育の活性化は、地方にも必要で推進すべきです。
そこには、学習環境の整備も必要、カルチャースクールでも充実感はあります。
週末起業、プチ開業でも十分、生涯学習では学べるだけで、継続できるだけで十分な機能を果たします。
よく言うところの、紙とペンさえあれば小説家にだってなれる、かもしれません。

Page Top